2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイクロバートアンテナのラジアル改造

 アンテナを製作してすぐに台風の影響による大雨が降った。
この雨の影響なのか、同調点が低いほうにずれてしまった。 雨の影響なら天気が回復すればいずれ元に戻るだろうけれど、あまり気持ちのいいものではない。 TA-334を使っていた頃は、トラップに雨が入るためか、このような症状には慣れていたが、CQだとこんなことに悩まされたことが無い。
IV線のラジアルでは、調整しようと思えばコネクターでも使ってラジアルを長くするか、ラジアルの張り方を変えるしかない。
 そこで、廃材のアルミパイプを使ってIV線の先端部分長を自在に変えることが出来るようにしてみた。
簡単なことで、IV線を切って、その部分にアルミパイプ(要はエレメント)を繋ぐだけ。 ラジアルは2階のベランダに上げたMVのチョークコイルから地面に向けて下ろし、塀に沿わせてあるが、その先端部分に調整用エレメントを取り付ける。 これで、同調点が変化しても簡単に調整が出来る。
 天気のときと雨のときの調整位置にマジックでマーキングしておく。
ラジエーターの調整はトライドンバンド(SUS製ホースバンド)を使っているが、実際にはラジエーターの調整は一切しない。 ラジアルで調整するので、エレメントの固定はネジで出来るようにした。
 
 結果は上々で、天候による同調点の修正だけでなく、運用したい周波数にピンポイントで同調点(SWR 1.0)を合わせられるので快適である。ラジアル


スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fbqsoguw.blog.fc2.com/tb.php/10-3b1ca2ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

AT-230 アンテナチューナーの校正 «  | BLOG TOP |  » 7MHzマイクロバートアンテナの製作とDXing

プロフィール

Masa

Author:Masa
このグログはHP遙かなるテームズの流れの別館、日記として作成していますが、HP内容には関係なく、日々の生活で思ったこと、感じたこと、出来事などを気ままに綴って行きます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
時事 (1)
アマチュア無線 (9)
日記 (3)
PC (0)
オーディオ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。