2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンテナ基台を使ったリグの取り付け

 長年乗っていたエスティマ(ルシーダ)からオデッセイ(RB1)に乗り換えて困ったことが2つ。

 一つはアンテナの取り付けで、以前のようにハッチバックに取り付けるにも、リアハッチのグラスエリアが大きくて基台を取り付けるスペースがない・・・・といってマグネット基台は使いたくない。
 まあ、これはルーフキャリアー取り付け用のボルトに高ナットを取り付け、これにルーフ基台を取り付けることで簡単に解決できた。さらに、このメリットとして、ボルトは車体に溶接されていることもありしっかりしたアースが確保できるため50MHzでも簡単にSWRが取説のデータに落ちる。

 もう一つはリグの取り付け場所。
リグを一体状態でHDの下に取り付けることも出来るが、これでは操作性が良くないので、今回はコントロールユニットと本体をセパレートとし、本体はセンターコンソールの下に、コントロールユニットはルシーダで使っていた基台を使って小物入れ(灰皿)に取り付けることにした。 簡単なことで、トランクやハッチに取り付ける要領で基台を小物入れの蓋に差し込んで固定する。 これにセパレートキットを使ってコントロール部を取り付けて使いやすいように角度を設定すれば問題ない。 接続ケーブルは小物入れの灰皿を取り出し、小物入れの底に穴を開けてコンソール内を経由して本体へ。
 ※この小物入れは灰皿と二重構造になっているので、リグを付けないなら灰皿を戻せば小物入れに開けた穴は塞がる。
 本体については、RB1のセンターコンソールはレバー一つで折りたためるようになっており、本体へのアプローチはこのレバーを引いてコンソールを下に倒すだけ。 従って、取り付けもメンテナンスも非常に簡単に出来る。 
 ただし、本体をコンソールの下にセットした場合、放熱の関係でヒートシンクを上向きに取り付けるのでSPは下向きになる。
これでは信号を聞き取りにくいので手持ちのSPをHDの下にネジ留めした。

 この方法の場合、小物入れ(灰皿)に穴を開ける必要が無い事と、アンテナ基台の特性を自在に行かせるのでリグコントロール部を簡単に自由な向きに調整できるメリットがある。 しかも、しっかり固定できるので操作性も抜群です。 

DSC_1720.jpg  DSC_1717.jpg  DSC_0585.jpg
スポンサーサイト

超安価で簡単なツイータースタンドの製作

コーラルのH-104を入手したのはいいが、これを固定する台が付いてない。
木製のものでも購入するとなると数千円、まして真鍮製のものとなると1個で一万円を超える。
とてもじゃないが、こんなもの・・・・・と言っては何だけど、こんなものにそんなにお金をかける気がしないので、自分で作ることにした。ホームセンターに行けば安い材料がいくらでもあるし、僕が考えた方法だと作るなんてたいそうなレベルのものじゃない、組み立てるという程度で、誰でも簡単に失敗なしで数分もあれば完成するはずだ。
ST台部品

まずはDIY店のネジコーナーで以下の部品を購入。
・Uボルト×2(僕の場合はφ8mmのコの字型のものを購入)
・六角ジョイント×4または8個
・シールテープ
・寸切りボルト(長ボルト) 六角ジョイントを8個使う場合は必要
・1mm厚のゴム板(出来れば接着剤付きが便利)

製作方法
製作方法といっても、上の写真を見れば一目瞭然。
1.Uボルトからナットを外す。
2.Uボルトのネジ部分にシールテープを巻きつける。
 シールテープは少し引っ張りながら、重なりが無いようネジの端から端まで巻く。
3.ナットをねじ込み、その後、六角ジョイントをねじ込む。
 ネットと六角ネジの平面部が床面と平行になる位置でセットする。
 僕の場合、ナットと六角ジョイントの接触面とネジ部の一部にわずかに接着剤を塗布した。
4.ゴム板をナットと六角ジョイントの底面の形状にカットして貼り付ける。
以上の手順で作ると下写真の下に置いた形になる。時間にして5分もかからずに完成。

基本的には以上で、この状態でH-104を載せても非常に安定している。
H-104の場合、ホーン部は本体より径が小さいので六角ジョイントを延長しても意味が無いのだけれど、そこは気分的なもので・・・・ということでジョイントをもう一個追加した。

方法は、シールテープを巻いた寸切りネジに六角ジョイントをねじ込み、この寸切りネジの先に接着剤を塗布してから、先に作った六角ジョイントにねじ込む。寸切りネジの頭がUボルトに当たったら、寸切りボルトに付けた六角ネジを締めこむ。
寸切りネジは長いので、写真のように六角ジョイントからはみ出している。このはみ出し部分は切断する。
切断は鉄ノコやサンダーを使うのも良いが、それではネジ山を潰しかねないので、ぼくは手持ちのピラニアノコを使った。
切断して残った部分は残りの3箇所の作業で同じようにして延長部分を製作する。
この作業で一番手がかかるのはやはり寸切りネジの切断かな。
最後に、六角面の平たい部分が床面に平行になるよう調整して、ゴム板を貼って終了。
※部材はメッキ処理されているので塗装はしていません。
以上で千円でお釣りがくる。

なお、ゴム板を貼ったのは振動防止というより、地震で揺れたときに滑ってスピーカーからユニットが落ちないようにするためで、手でユニットを左右に動かそうとしてもピクリとも動かない。(H-104が重いのでということもあるけど)

ST台  ST台セット状態

MFJ-259のバッテリーパック改善とレセクタプル交換

20年近く愛用してきたMFJ-259だが、ビニール製のバッテリーケースがどうにも貧弱で、経年変化により変形してしまい接触不良が発生する。もともと付いていたものは話にならないので、この製品を購入後1年で違うものに交換はしていたものの、ホームセンターで購入した代品も同じ材質だったため大した改善にはならなかった。
そこで、今回はプラスチック製のBOX(SBH-341-AS×2個)を秋月電子から購入してみた。
1個¥110だから送料の方が大きくなってしまうが、そこは地方住まいの不便さだな。

交換方法は簡単で;
1. MFJ-259の裏蓋を外し、4箇所についているバッテリーケースを留めているホルダーを取り外す。
2. 2個のバッテリースナップを電源コードから切り離す。
3. バッテリーーケースのリード線と本体からのリード線を接続。
4. バッテリーケースに両面テープをつけてMFJ-259の裏蓋に固定。
以上で完了だが、SBH-341-ASのサイズがぴったりで見事に収まり、しっかりしたものだ。
難点は、バッテリー交換の際は一度ケースを裏蓋から外す必要があり、つど両面テープを張り替える必要がありそうだ。

MFJ-259作業完了

ついでに、同軸接続用のレセクタプルも交換した。
芯線のくわえ部分が広がってしまい、接触不良の症状が出ることがあったのでこの際、手持ちの新品と交換しておくことにする。
これも作業自体は簡単だけれど、基板を本体から外すとき注意しながら作業しないとパターンを破損する可能性も考えられるので、心配がある場合はやらない方が良いかの知れない。

ひとつ注意点を書くと、基板を外す際はメーターユニットごと外すようにする。
ユーターユニットはケース外側の4本のネジ(メーターの四方にある)を外しておけばOK。
組み上げるときは、基板とメーターユニットのコネクターがちゃんと接続されていることを確認のこと。(右下写真)

MFJ-259コネクター取外状態    MFJ-259基板取り外し

以上で快適に使えるようになった。
アンテナの調整に重宝するこのアナライザー、高価なものだけにまだまだ活躍してもらう必要があるね。

AT-230 アンテナチューナーの校正

東京に住んでいた頃のローカルから、トリオ(現ケンウッド)のアンテナチューナー(AT-230)とリーダーの終端型電力計を頂いた。
棚に飾っておいても意味がないので、サブとして使っているTS-820SやTS-520Vと繋いで使うことにした。
ただ、古い製品なので念のため校正をする必要がある。
さっそく、ネットで検索してチューナーの英語版サービスマニュアルをDL。
以下、簡単にその方法を書いてみよう。
※当然のことですが、もしこの記事を参考に校正される場合は自己責任でお願いします。
  いかなる結果に対しても一切の責任を負いません。
AT-230校正

まずはAT-230の上蓋を外しておく。

1. 接続
  AT-230とリグ、終端型電力計を接続する。
  終端型電力計がなければSWR計を経由してダミーロードでも良い。
2. AT-230設定
  ANT SW:DUMMY
  BAND SW:14
  200W/20W SW:200
  FWD/REF SW:FWD
  POWER/SWR SW:POWER
  CAL/SWR SW:SWR
3. リグ設定
  周波数:14.175MHz
  モード;CW
  出力:終端型電力計で100Wにセット

4. リグから100Wで送信し、AT-230のメーター指針が100Wを指すようVR2で調整。
AT-230図  AT-230内部
  
5. リグの送信出力を10Wに絞り、AT-230の200W/20W SWを20Wに切り替えて送信。
  AT-230のメーター指針が10Wを指すようVR3を調整。
6. リグからの同軸をAT-230のDUMMYに、電力計からの同軸をAT-230のINPUTに繋ぎ換える。
7. リグの出力を100Wにセットしなおし、AT-230のFWD/REF SWをREFにセット。
8. 送信し、AT-230の指針が100Wを指すようVR1を調整。

肝心の終端型電力計が狂っていたり誤差があれば意味がないが、まあ実用上の問題はないでしょう。

マイクロバートアンテナのラジアル改造

 アンテナを製作してすぐに台風の影響による大雨が降った。
この雨の影響なのか、同調点が低いほうにずれてしまった。 雨の影響なら天気が回復すればいずれ元に戻るだろうけれど、あまり気持ちのいいものではない。 TA-334を使っていた頃は、トラップに雨が入るためか、このような症状には慣れていたが、CQだとこんなことに悩まされたことが無い。
IV線のラジアルでは、調整しようと思えばコネクターでも使ってラジアルを長くするか、ラジアルの張り方を変えるしかない。
 そこで、廃材のアルミパイプを使ってIV線の先端部分長を自在に変えることが出来るようにしてみた。
簡単なことで、IV線を切って、その部分にアルミパイプ(要はエレメント)を繋ぐだけ。 ラジアルは2階のベランダに上げたMVのチョークコイルから地面に向けて下ろし、塀に沿わせてあるが、その先端部分に調整用エレメントを取り付ける。 これで、同調点が変化しても簡単に調整が出来る。
 天気のときと雨のときの調整位置にマジックでマーキングしておく。
ラジエーターの調整はトライドンバンド(SUS製ホースバンド)を使っているが、実際にはラジエーターの調整は一切しない。 ラジアルで調整するので、エレメントの固定はネジで出来るようにした。
 
 結果は上々で、天候による同調点の修正だけでなく、運用したい周波数にピンポイントで同調点(SWR 1.0)を合わせられるので快適である。ラジアル


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Masa

Author:Masa
このグログはHP遙かなるテームズの流れの別館、日記として作成していますが、HP内容には関係なく、日々の生活で思ったこと、感じたこと、出来事などを気ままに綴って行きます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
時事 (1)
アマチュア無線 (9)
日記 (3)
PC (0)
オーディオ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。